スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私流 アレルギーとのお付き合い

実は?とってもアレルギー体質なんです

子供の頃は
猫のいる祖母の家にお泊りにいくと夜には呼吸がゼーゼー
呼吸が苦しい時だけでなく、目がかゆくなり充血 鼻水グシュグシュしたりして

手も夏は湿疹、冬はアカギレ
バレーボールを打つと赤くなってかゆいし
バスケットボールのゴムもアレルギーおこすし
さわるものすべてにアレルギーおこすね(^_^)
って皮膚科の先生に言われたよ

花粉症もひどくって何年も体質改善の漢方薬も飲んでた
生卵も湿疹でるし
鎮痛剤も痛みがとれるけどめまいが!て飲めない薬も多いです

20歳前後なんて
指10本に薬つけて、ネルの布に薬つけたのまきつけて綿の手袋つけて何も持てません!さわれません!って手で寝てたな〜

そんな動物全般、煙や花粉の環境、卵など食べ物に反応してる私ですが

犬と暮らして犬と関わる仕事してます(^o^)v

どんな風にアレルギーとつきあっているかというと…

自分のアレルギーのバケツがあふれないように
免疫力がつくように主に食生活で工夫してます
食べ物が一番、自分でなんとかできますものね!!

だって
犬、猫、鳥、花粉に空気汚染は防ぎようがない
犬猫鳥にしたって自分が飼わなくても道をあるけばどこかにいる!
鳩やカラスから逃げるなんて無理だしねー
細かい目に見えない羽はどこでも飛んでる

で、私がしていることは

電子レンジを使った食品をとらない
これは、犬の食事の先生が言っていた事
電子レンジを使うと食物の分子レベルの配置がかわり消化が難しくアレルギーをおこしやすくなるって
電子レンジを使わなくなってから、まれにレンジで暖めた物を食べると違和感を感じるようになったよ

マーガリンをとらない
圧搾絞りの油しかとらない
(薬で作った油のが安いけどね)

天然の塩をつかう

薬で作った食べ物は安易だけど食物ではないと思う

そして
動物性の食品を極力とらない

薬のアレルギーも多いから
きっと動物性のものは動物が大きくなる過程で使われる薬が濃縮されてるのが私にはアレルギーとして出てしまうのかも

直接に反応しない物でも減らして行く事でアレルギーと昔よりは仲良くつきあってます


Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。